フリーランスウェディングプランナーとは

結婚式場に申込をする場合

私は「結婚式場に申し込みをする」ことも「フリーのウェディングプランナーに依頼する」ことも、どちらもメリットがあると思っております。

結婚式をしよう!と思ったら、日本ではまず「気になる結婚式場をネットや雑誌で探して見学に行く」「結婚式場探しの相談カウンターに行く」という方が多くいらっしゃいます。その場合、そのホテルや専門式場、もしくはレストランに「結婚式を申し込む」ことになりますので基本的に結婚式に関わる人材(司会者、音響担当者、カメラマン、サービススタッフなど)はその結婚式場のスタッフであり、必要なアイテム(飲食物、衣裳、引き出物、装花、演出など)もその式場の提携内から選ぶことが基本となります。

ウェディングプランナーは、見学の際に会場案内をしてくれた方になる場合もあれば、変わる場合もあります。(後者が多いです)「このホテルで結婚式をするのが夢だった」「この結婚式場のコンセプトにとても魅力を感じるので、自身のウェディングを任せたい」「友人、知人がその結婚式場で働いている」「勤め先の関係で、ここで結婚式を挙げると優待がある」などという場合は、結婚式場に直接申し込みするのが良いでしょう。

フリーランスウェディングプランナーに依頼する場合

フリーのウェディングプランナーとは、特定の会場に属さない結婚式のプロ、専門家のようなイメージです。海外ではよくあることなのですが、結婚式をしようと思ったらまずフリーのプランナーに相談をし、相性が合えばそのプランナーに依頼をし、日時や会場、どんな結婚式にするか話し合いながら準備を進めていきます。私はよく「お二人のウェディングパートナー」という言い方をしますが、「ウェディングに関する総合アドバイザー」のようなイメージです。選択の幅が広いこと、そしてその広い選択肢からお二人に合ったものをプロの視点で厳選してお勧めして貰えることが大きなメリットとなります。「信頼できるプランナーに結婚式を任せたい」「型に囚われない自由な結婚式がしたい」「フレンドリーで親身になってくれるウェディングプランナーがいい」という方は、結婚式場を決めるより先に、まずはフリーのウェディングプランナーに相談してみてはいかがでしょうか。

参考サイト

Bunch 横浜-東京weddings

Wedding Planner 阿部 由菜 

https://www.instagram.com/y.a_weddings

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です